トラムセットは市販されてる? 市販品との飲み合わせについて

トラムセットは市販されてないの? 他の市販薬と併用しても平気?

トラムセットの市販品はありません。となるとどのような方法で手に入れることができるのでしょうか。

 

トラムセットの市販は禁止されている

トラムセットは法律で定められていますから、市販は絶対にできません。近所の薬局・ドラッグストアで見かけたことがあるとしたら、それは違法な品物を扱っているお店ということになります。合法な品物が店頭に並んでいることは絶対にありませんから、そのような店での買い物はやめておいた方がいいでしょう。偽物の可能性も高いですし、そんなものを使うと効果がないならまだしも健康を害してしまう可能性もあります。

 

トラムセットの取り扱いが許されているのは、都道府県知事からの特別な許可を得た一部の業者だけです。その上、販売は医療関係者にしかできませんから、近くの薬局・ドラッグストアで販売されていることは絶対にありません。

 

もしもトラムセットを手に入れたければ、まずは医療機関で診察してもらい処方を受けるのが手っ取り早いでしょう。偽物や違法品にあたることはありませんし、薬をもらう以外の治療や必要であれば他の薬も入手できます。

 

しかし、病院に行くにはそれなりにまとまった時間がいります。仕事が終わってから病院に行けないのであれば貴重な休日を費やすか、仕事を休んで病院に行くしかありません。トラムセットが欲しいだけであれば、診察費や交通費は無駄でしかありません。このような費用を削ることでトラムセットを安く手に入れる手段があります。

 

トラムセットを安く購入したいのであれば個人輸入代行

国内では市販されていない、そんな薬品を手軽で安価に手に入れることのできる個人輸入代行は昨今よく利用されています。普段からネットで買い物をしている方は個人輸入代行も利用されているのではないでしょうか。

 

国外なら普通に近所のドラッグストアにおいてあるような薬品でも、日本では販売していない薬品はたくさんあります。こういった薬は個人輸入代行を使えば簡単に手に入ります。これまでは医療機関で診察を受けなければ手に入らなかった、トラムセットをネット通販感覚で購入できるのです。

 

個人輸入代行を使って薬を入手すれば、薬がなくなるたびに通院はしなくてもいいのです。病院に行く必要がありませんから、診察費・交通費を払う必要がなくなり医療費をかなり節約できます。手数料は若干かかるものの、毎回通院するのと比較すればかなり費用をカットできます。常日頃からネットで買い物をしている人であれば何の抵抗もなく利用できると思います。そのくらい簡単ですから、病院に行く時間を作れないくらい多忙な方でも利用できます。

 

ですが、「個人輸入なんて今はじめて聞いたよ」といった方では、どの個人輸入業者を利用すればいいかもわからないでしょう。なので、お得な買い物ができるように、安い個人輸入代行業者をいくつかリストアップしてみますので参考にしてみて下さい。

 

トラムセットはトラマドール+アセトアミノフェンを配合した薬品です。下記はトラマドール単品の価格ランキングになります。アセトアミノフェンに関しては個人輸入代行業者も取り扱っていますが、市販品もありますのでそちらを利用してもいいでしょう。

 

※下記はトラマドールジェネリック50mg 最安価格(1錠あたり)です。

 

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
24円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
54円 無料 TOP 詳細
81円 無料 アイドラッグマート 詳細

 

最安はオオサカ堂です。ですが、安いとはいえいきなりたくさん買うのはやめておきましょう。最初は1箱買ってみて、薬が体質にあっているのを確認した後に多めに買うようにしましょう。

 

トラムセット(トラマドール)を市販薬と併用する際の注意

 

解熱鎮痛剤(NSAIDs)併用時に注意する点は?


解熱鎮痛剤の一種NSAIDs(ロキソニン・ボルタレン)などは長期連用で胃にダメージを与えることがあります。

 

そして、トラムセットの代表的な副作用として吐き気や嘔吐などがあります。

 

もしもトラムセットのみの使用なら、治療目的の為であれば見過ごしてもいいレベルの副作用ではありますが、NSAIDsの利用で胃潰瘍などになっていれば話は別です。胃に更なる負担がかかってしまいますので、NSAIDsの副作用で胃を痛めてる場合は服用を避けましょう。

 

どうしてもトラムセットとNSAIDsを利用したいのであれば、市販ではありませんが胃への負担がないセレコックスに切り替えるのも検討しましょう。

 

トラマドールを使用しているのであれば、鎮痛剤をNSAIDsではない別のカテゴリになりますが、胃の負担が少ないアセトアミノフェンに切り替えてみるのもいいでしょう。

 

風邪薬併用時に注意する点は?


既に説明したように、トラムセットはトラマドールとアセトアミノフェンの二種類の薬品が配合されたものになります。

 

そして多くの風邪薬には鎮痛成分としてアセトアミノフェンが含まれています。どんな成分にも一日にどれくらい飲んでもいいという量が決まっています。トラムセットと風邪薬の両方でアセトアミノフェンを摂取してしまうと飲みすぎということになってしまいます。

 

ですから、風邪薬を選ぶときはアセトアミノフェンの入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

アセトアミノフェンが含まれていない風邪薬の例
パブロンAX、銀のベンザ、青のベンザなど

 

上記の風邪薬は鎮痛成分にアセトアミノフェンではなくイブプロフェンを使用していますので、トラムセットに含まれているアセトアミノフェンと効果が被ってしまう心配はありません。

 

トラマドールにはアセトアミノフェンは含有されていませんので風邪薬に関する飲み合わせは問題ありません。

 

胃腸薬併用時に注意する点は?


上で説明しているようにトラムセットは吐き気やおう吐などの副作用が出てしまうことがあります。症状はあまり大きくはありませんが、副作用には個人差があるためにどうしても我慢できないということもあるでしょう。そういった場合の対処として胃腸薬を併用して症状を抑えることができます。

 

しかし、胃腸薬には様々な種類のものがあります。どれを使えばトラムセットの副作用を抑えられるのか見当もつかない方がいると思います。これ以外はダメ!というわけではありませんが、効果的な物があるのは事実です。下記におすすめの胃腸薬を羅列してみたのでご確認ください。

 

  • 胃の動きを活発にする(健胃薬、健胃消化薬)
  • 胃酸の分泌を抑える(H2ブロッカー)
  • 胃酸を中和する
  • 胃の粘膜を守る
  • 胃の筋肉のけいれんを和らげる
  • 消化酵素をそのもの含んでいる
  • 上記をバランスよく含む「総合胃腸薬」

 

胃腸を健康にする成分の入っているものならばどれも効果的ではありますが、胃酸分泌を抑制するH2ブロッカータイプのものが効果的だと言われています。この種類のものは市販薬としてはガスター10がありますので試してみるといいでしょう。

 

トラムセットはこんな薬

トラムセットの概要についてお話しします。トラムセットとは、「トラマドール」と「アセトアミノフェン」の合剤タイプの鎮痛剤です。トラムセットは、強い鎮痛効果があり、アセトアミノフェン(単体)・ロキソプロフェン・ジクロフェナクナトリウムなどの一般的な鎮痛薬(NSAIDs)だけでは疼痛が緩和されない、変形性関節症・腰痛・関節リウマチ・線維筋痛症などの慢性疼痛に使用されます(トラマドール単体では、ガンの疼痛にも使用される)。

 

よく見られる副作用は、悪心・嘔吐・便秘などの消化器症状。そして、眠気です。また、アルコールや安定剤との併用により、呼吸抑制などの命に関わる副作用が起きる場合があります。痛みを我慢することが美徳と考えている方もいますが、痛みは我慢してはいけません。痛むことにより身体を動かすことが少なくなるなどによる、身体機能の低下。また、痛みは心をむしばみ“うつ”などのメンタルにも影響してしまいます。だからといって、痛みの原因を調べずに、医師の指示なしに、鎮痛剤を漠然と使用するのは、重篤な疾患を見逃してしまう恐れがあるのでとても危険です。トラムセットなどの強い鎮痛剤が必要とするほどの痛みがある方。また、痛みが長期に続く方は、必ず医師の診察を受けてください。なお、トラムセットは医師の処方なしに入手することは出来ません(OTC薬として販売されていない)のでご注意ください。"


http://www.substractif.com/ http://www.uat-trans.com/ http://www.vacvic.com/ http://www.kenneth-cut.com/